ISSN: 1522-4821

緊急メンタルヘルスと人間の回復力に関する国際ジャーナル

オープンアクセス

当社グループは 3,000 以上の世界的なカンファレンスシリーズ 米国、ヨーロッパ、世界中で毎年イベントが開催されます。 1,000 のより科学的な学会からの支援を受けたアジア および 700 以上の オープン アクセスを発行ジャーナルには 50,000 人以上の著名人が掲載されており、科学者が編集委員として名高い

オープンアクセスジャーナルはより多くの読者と引用を獲得
700 ジャーナル 15,000,000 人の読者 各ジャーナルは 25,000 人以上の読者を獲得

インデックス付き
  • 索引コペルニクス
  • Google スカラー
  • サイテファクター
  • シマゴ
  • 大英図書館
  • スコパス
  • レフシーク
  • パブロン
  • 大学補助金委員会
  • ユーロパブ
  • パブメド
  • ICMJE
このページをシェアする

抽象的な

Identification and Prevention of Serotonin Syndrome

Mohammad Masud Iqbal, Saabry Yusof Osmany and Mohamamd Tamzid Iqbal

Serotonin Syndrome (SS) is a rare, but lethal, adverse drug reaction caused by excessive serotonin activity in the nervous system. Serotonin syndrome is more accurately described as serotonin toxicity and can be triggered by serotonergic agents either alone or in combination with monoamine oxidase inhibitors (MAOIs). It may occur after one standard therapeutic dose of a single agent, unintentional interactions between various medications, drug overdose, as well as recreational drug use. Symptoms present as alteration of mental status, abnormalities of neuromuscular tone, and autonomic hyperactivity. Although effects are usually mild and resolve with prompt recognition and supportive care, there exists a strong need for integration of these preventative measures in current clinical practice.