ISSN: 1522-4821

緊急メンタルヘルスと人間の回復力に関する国際ジャーナル

オープンアクセス

当社グループは 3,000 以上の世界的なカンファレンスシリーズ 米国、ヨーロッパ、世界中で毎年イベントが開催されます。 1,000 のより科学的な学会からの支援を受けたアジア および 700 以上の オープン アクセスを発行ジャーナルには 50,000 人以上の著名人が掲載されており、科学者が編集委員として名高い

オープンアクセスジャーナルはより多くの読者と引用を獲得
700 ジャーナル 15,000,000 人の読者 各ジャーナルは 25,000 人以上の読者を獲得

インデックス付き
  • 索引コペルニクス
  • Google スカラー
  • サイテファクター
  • シマゴ
  • 大英図書館
  • スコパス
  • レフシーク
  • パブロン
  • 大学補助金委員会
  • ユーロパブ
  • パブメド
  • ICMJE
このページをシェアする

抽象的な

Personality and Behavior Changes Subsequent to Traumatic Brain Injury: A Review of the Literature

Sarah M. Rieger

Alterations in personality and behavior following traumatic brain injury (TBI) are examined in a review of the literature. Research suggests that changes in personality and behavior could be caused by the injury at an organic level, as well as the patient?s response to the injury and the subsequent deficits that are experienced. Currently, various treatment options are available and practitioners would serve patients best by sampling from many areas of psychological and medical interventions in order to create custom rehabilitation programs to suit the individual patient?s needs. Future research into the level of permanency of the personality changes, compensatory skill building for affect deficits, and increased involvement of social supports in treatment are suggested.